しつこい腰痛はプール歩行でじっくりと治す

皆さんはどの様にして日頃の腰痛を改善または予防されていますか?

これまで私も度々酷い腰痛に悩まされてきたのですが、様々な対策を一通り試してきた結果、結局のところ基礎体力、特に下半身周りの筋力を付ける事が最も効果的だという事に気付き、今では週2回、仕事帰りのフィットネスクラブでプール歩行をメインとしたエクササイズをこなしかなりの改善を見る事が出来る様になりました。

こうした結論に辿り着くまでは本当に苦労したものでした。時として整体院に通い、また腰痛対策のサポートグッズも色々と購入し長期間試してきたのですが、いずれも一時はかなりの改善が見られるものの、結局1ヶ月程で元の症状が出る様になってしまい、悶々としていたものでした。その間にも周囲の友人や知人から指摘は受けていたものの、自分自身の体力自体が衰えた結果、腰痛が酷くなっている事を十分に理解出来なかったのです。

確かに普段からあまり運動をせず、仕事でもデスクワークがメインで積極的に下半身を動かす事をしてきませんでした。自分でもちょっとまずいと思い始めたのは、実は腰痛が直接のきっかけでは無く、加齢と共に少しづつ出てきたお腹の状態でした。その頃は整体院での施術の効果も一応出ていた時期で、腰痛よりもむしろお腹の贅肉対策をメインに考えていたのです。

そこで色々調べた結果、自分に一番合っていそうな運動がプール歩行である事を知り、現在のフィットネスクラブに通う様になった訳です。

このクラブに本格的通い、プールメインにエクササイズを行ったところ、しばらくして、その時の第一目標であったお腹の引き締めよりも前に、いつもは酷くなっている腰痛がかなり収まってきている事に気付いたのです。最初は整体施術の効果かとも思っていたのですが、時間が取れずに整体通いを止めてしまった後でも腰痛が復活する気配が一向に見えず、初めてこれらの運動による下半身の筋力アップが腰痛に効果的であった事を悟るに至ったのです。

体重が重めの私でも水中であれば大きく負担が軽減され、いくらでも気持ち良く運動をこなす事が出来ます。最近になってお腹周りもようやくスッキリし始め嬉しい限り。下手をすれば足腰に大きな負担が掛かりかねないウォーキングやジョギングよりもはるかに効果的かも知れません。長く続けじっくり腰痛を治したいならプール歩行はオススメです。

腰痛の原因と痛みを軽くするために

 

姿勢のゆがみが腰痛を招くことがよくあります。最近は、パソコンを使って仕事をする方が増えてきました。パソコンを使っているうちに、知らず知らず姿勢が崩れて、腰痛になることも多いのではないでしょうか。

腰痛はマットレスの選び方次第では治すことが出来ますがまずはその原因を知る事が大切なのです。

腰痛の原因と対策ーマットレスを使って腰の痛みを無くすまで

もちろん、腰痛の原因となりうるのは、パソコン作業や姿勢のゆがみだけではありません。自分では気がつかないうちに、腰を痛めることもよくあることではないでしょうか。たとえば、趣味でテニスやスキーをする場合でも、ジャンプや着地の際に、腰に負担がかかることがよくあります。ジャンプしたさいの衝撃が大きければ大きいほど、地面に着地する際に、腰に大きな負担がかかります。そうした衝撃は、自分でははかり知ることができません。こうしたスポーツなどの際に腰に衝撃が加わったことが原因で、長時間のパソコン作業などをきっかけとして、腰痛になることも考えられます。とはいえ、腰にまったく負担がかからないように日常生活を送るのは不可能です。座っていても、歩いていても、腰に負担がかかるものです。

ゆいいつ出来るのが寝ている時にマットレスを腰痛専門のものに変える事です。

mottonyoutsu

寝そべっていたとしても、腰に負担がかかります。腰痛の原因として考えられるのは、スポーツなどによる腰への衝撃、そして姿勢のゆがみなどですが、それが、ふとした瞬間に痛みがぶり返すこともあります。いわゆる、ぎっくり腰です。たとえば重たい荷物を持ち上げようと、腰をかがめた瞬間に、激痛が走ることもあります。またジョギング中などにも、急に腰が痛くなって、動くことさえできなくなることもあります。そうした際に、腰痛の負担を減らすことができるのが、腰痛ベルトです。もちろん、腰痛ベルトだけでは、根本的に腰痛を治療することはできないかもしれませんが、少なくとも痛みを軽減することはできます。また腰痛を抱えている人は、腰に巻いておくと、腰痛の防止効果があるかもしれません。そのほかにも、腰の周りにある、腹筋や背筋の強化なども腰痛防止に有効となるかもしれません。

ぎっくり腰にも有効なマットレスを使った睡眠方法

即応予備自衛官として勤務して8年、訓練に行く日の朝、ちょっとした異変がありました。服のジッパーを下から上へあげようと思い、ジッパーに手を伸ばしたとき、「ピキーン」という痛みが腰に走った。この痛みは初めてではない。高校生の時からウェイトトレーニングをしているのですが、その時からたまに痛みが走るようになりました。「ピキーン」の痛みの前日は仕事でビールのケースを60ケースほど中腰で移動する作業をしていました。それで疲れが腰に溜まっているのかなという程度でした。そして自衛隊の訓練時に14キロの鉄の塊を下から持って、運んでいるときにまた痛みが走りました。

そんな時に使ったのがモットンのマットレスだったのです。これで私の腰痛も治すことが出来ました。

それからしゃがんで作業をして、次にその場に立とうとしたとき、しゃがんだ体勢から、一ミリも動けなくなりました。おまけに手の力も入りませんでした。

周りの人に状況を説明し、1時間ほど、その体勢で休憩をしたんですが一向に痛みが引きませんでした。担架を用意してもらい病院に直行しました。

病院に到着後、車いすに乗せられ診察へ。ベッドに横になるのもかなりつらく、腰にコルセットを巻くときも激痛で涙が出るほどでした。

自衛隊の居室へ戻り、安静にしてました。マットレスに横になるものの寝返りをうつときもつらかったです。トイレは20メートルほど離れた場所にあるのですが、30分かけて行きました。和式便所は使用不可です。一番恐怖だったのは、くしゃみです。これがきたら終わりだと感じていましたが、わたしは花粉症のためすぐその時が訪れました。とにかく衝撃を和らげようと喉と顔に力をいれ、くしゃみを実行したのとき、「パキッ」という音が腰から、鳴りました。

帰る頃には少し歩ける程度に回復しました。自宅へ帰り、再度最寄の整骨院に行き、診断を受けました。医師の診断はハッキリとした病名は無いとのことで腰の捻挫のようなものだと言っていました。レントゲンを見た結果、長年ウェイトトレーニングをしていたせいで、腰に負担がかかり、骨と骨の隙間ができて、そこにまた新しい骨ができて、その骨が神経を圧迫しているのだということがわかりました。解決方法は腰に負担をかけないように生活することだそうです。

確かにマットレスでの腰痛改善は効果的ですがもっと効果をあげていきたいと思っています。

これから一生この名もない病気とともに人生を歩んで行く事になりそうです。

参考サイト

モットンマットレスの腰痛効果

http://xn--9ckk0f4c8310add4d.com/

 

腰痛と私の対策について具体的に解説するよ!

あー最近腰痛い。

座ってばっかだし、姿勢もよくないからなぁ。

腰痛を改善するには…と、ふむふむ筋トレか

筋肉のコルセットを作ることで腰痛を防ぐ。いいね

やってみるか。

ぐっはぁ痛ぇ。できない。

腰痛を防ぐトレーニングをする腰が無い。

腰が痛い時ってこんなジレンマになってます。

腰痛を防ぐ方法として、自分が知っているのは

1、筋トレする

2、寝具を変える

ってところです。

1の筋トレは上で書いた通り、痛くない時じゃないと悪化させると思います。

寝た体勢から腰を上下運動する方法

腹筋

スクワットなど

運動不足解消にもなるし、体のパフォーマンスは上げられるしでいい事ずくめですね。

んでも辛いと続けるのが苦痛になるので、自分の出来る範囲でやれば十分です。

2の寝具については高反発のマットレスが腰痛にかなり良いらしいです。

これについては実体験ではなく、調べた内容になります。

結構前に流行った低反発のマットレスだと柔らかく体が沈み込み、

寝返りをうつのが難しくなるらしく、腰には悪いとか。

高反発だと体の圧力を全体的に分散出来て、

楽に寝返りをうてるので腰への負担が少ないらしいです。

私は現在フローリングにせんべい布団を敷いて寝てますが、

意識してみると寝た後に腰が少し痛くなったりしてることがあるんですよね。

もちろん、普段座りっぱなしが原因だとしても

寝てる間だけでも腰の負担を減らし、腰を休めることが出来れば改善しそうですよね。

マットレスは安さが売りの所より、専門店で買うのがいいようです。

調べてみると値段はそれなりに張りますが、

返金保証をしてるお店もあるのでオススメです。

腰痛だけじゃなくて、

睡眠の質が上がれば起きてる時間のパフォーマンスも上がりますし、

睡眠時間がより少なく、かつ休息がしっかり取れるなら最高ですね。

個人的な事になりますが私はマットレスに期待しちゃってます。

最近、寝る時あおむけだと体がしびれる事と、睡眠時間が10時間くらいないとスッキリしない事が

睡眠に関する悩みで、それが少しでも改善するんじゃないかと思ってます。

ではでは。

娘を出産してから腰痛がつらくなった時の原因と対策

私は今現在、自宅で二歳の娘の育児を行っている専業主婦です。

娘は完全母乳で育てています。

二才半になる今でもまだ、お昼寝の時間や夜寝るときには添い乳をしないと眠ってくれません。

娘には眠るときに向く好きな位置関係があります。

私が娘の左側に、右を向く体制で横向きに寝転がり、娘は私の体の方に向かって、左側を向きながら横向きになり、添い乳を飲みます。

娘が完全に眠るまで、この位置関係は変わらず、私は肩が痛くなっても、腰が固まっても寝返りを打つことができません。

少しでも添い乳が離れる気配がすると、それを察知した娘がしがみついて来るからです。

娘は寝ているように見えても、こちらの気配をそれはそれは敏感に感じとることができるようです。

娘の寝付きの悪い時、この添い乳が長時間続くので、私は腰痛に教われることになります。

たとえ腰がいたくても、翌日の娘はそんなことには構わずにだっこをねだり、また、お昼寝の時にはさらなる添い乳を要求してきます。

その要求にはできる範囲で応えるしかありません。

応えなければ余計にしがみつかれて面倒なことになりますから。

腰痛の対策としては、対処療法ですが、腰痛に効く塗り薬(スチックゼノールA)を塗ります。

それでなんともならないほど痛むときには主人に温湿布(MS温シップ「タイホウ」)を張り付けてもらいます。

温湿布を張っている間は痛みが少しほぐれていく気がします。

また、痛みのない時には予防として、自宅でできる運動(ラジオ体操やバランスボール)をして体をほぐすことにしています。

整体などにも行ってみたいと思いますが、私が外出している間に娘を預けられる先もありませんし、病院に連れて行っても治療を受ける間に娘が一人でおとなしくしていられるとも思えないので、行ったことはありません。

腰痛は辛いですが、娘が卒乳するまでの後わずかな添い乳タイムです。

娘にあっさり卒乳されたらきっと寂しいと思います。

今だけのふれ合いを大事にしながら腰痛に対処していきたいと思います。

自分でも出来る!腰痛になったときの対処と腰痛予防

腰痛になったことがある人は、とても多いと思います。

そして、腰痛に悩まされている人も多いと思います。

腰痛の原因はさまざまで、仕事が原因で腰痛を発症してしまう人、突然腰痛が起こってしまった人

慢性的に腰痛が起こっている人、たまに腰痛が起こる人などいろいろです。

腰痛になったときは、病院に行くのが一番です。

なぜならば、腰痛の原因は、ひとつではないからです。

内蔵の病気になった場合にも腰痛は起きます。

ただの腰痛だと思って放っておいたら大変なことになる場合があるので

まずは、腰痛の原因を調べてもらうことが大切です。

また、腰痛の一つにぎっくり腰があります。

ぎっくり腰になると、病院へ行くこともできないくらいの痛みがあり

動くこともできない場合は、安静にしておくことも大切です。

腰痛が起きると、コルセットを巻けば痛みは軽減しますが、コルセットを

ずっと巻き続けると、腰の筋肉が弱くなるので、痛みがなくなってきたら

腰痛体操をすると、腰痛を起こしにくくなります。

腰痛は、本当にやっかいなので、腰痛予防をするなどして、腰痛に

気を付けましょう。

育児で腰痛が悪化してしまうときの解決策について

もともと腰痛持ちだったのですが、子どもを産んでからますますひどくなりました。以前は座りっぱなしで腰痛になっていたのが、今度は子供のお世話で腰痛になってしまいました。原因はいくつもあると思いますが、一番大きな原因は子供を抱っこすることが多いことです。育児は常に腰に負担が掛かることが多いので、できるだけ腰に負担がかからないような姿勢でやろうと気を付けてはいるものの、毎日のことなのでなかなか難しいです。ある時おむつ替えをしていたのですが、子供があっちこっち動くので、中腰の姿勢で追いかけていたら腰が立たなくなってしまって困ったことがあります。整形外科に行ったのですが、薬と湿布をもらっただけで終わりでした。私としてはマッサージなどしてもらえると思って行ったのですが期待外れでした。腰が痛いときは湿布を貼ったりしていますが、サポーターなどで腰をしっかりガードしたほうがよいのではないかと、最近考えています。何かよい腰痛ベルトはないものかと考えている最中です。